WHY GARMIN

GARMINの凄さを改めて体感!!

GARMINが選ばれる理由。それは・・・動画で証明される。

GARMINが選ばれるその機能。

CHIRP(チャープ)とは?

CHIRPはCompressed High-Intensity Radiated Pulseの頭文字に由来します。軍事探査や水産資源計量探査でのみ使われてきた、最高のソナーテクノロジーです。

GARMINは全機種CHIRP発信

GARMINはCHIRP振動子を自社開発できて、全てのダウンビュー/サイドビューもCHIRP発信できる唯一のメーカーです。HI-WIDE CHIRPを初めて市販化しました。1KW CHIRP発振回路内蔵モデルもあります。追加3KW発信回路GD26使用で3000mの深海探査も可能です。


CHIRPの優位性

【高解像度】目標認識解像度の向上によって、1匹1匹の小魚を見分けることができます。
【情報量】広帯域連続波は、イカやタチウオという弱い反射のターゲットも表示します。
【高出力】定格出力1kwのLO CHIRPは8kwのアナログ魚探と同等の探査水深を誇り1500mの海底を確実に捉えて分析可能な強い反射を得ます。
【分離分解能力】高解像度を得る極小⊿tで底から2.5cmしか浮いていない魚を探知。アナログ魚探では探知できない海底付近の不探知距離を限りなく0に近づけています。
【長距離深深度探査】ダウン/サイドビューで使用される800-260khzの高周波は減衰が早く100mを超える水深での探査は不可能とされていました。GARMINサイド/ダウンビューはCHIRP発信で水平450m深度300mの探査能力を獲得しています。
【マルチ周波数】CHIRP発振回路とCHIRP振動子を組み合わせた時だけできるマルチ周波数発信HI-WIDE240-150/MID160-80/LO60-30khzの中から任意の6周波数を選んで設定可能です。

GARMIN Clearvü™は深深度広範囲探査

GARMINのソナースキャニングテクノロジーは高出力深深度探査を実現するために全てCHIRP発信しています。船の直下や側方の水中の構造物や魚を水中写真のような映像で映し出します。


【広範囲SideVü™】CHIRPテクノロジーを用いたSideVuは、広範囲でボート両サイドの地形や魚の確認が可能です。GT51/41使用時最大450mという探査幅を誇り、強い反応と高解像度の画質で、リアルな水面下の状況を映し出します。
【深深度DownVü™】CHIRPテクノロジーを用いて水中写真レベル画質を浅い水深から深場まで提供。GT21/51/41使用時に300mの探査が可能です。
【情報量】指向角2°という極細スリットビームによる解析では、ウイードの密度はもちろん種類までも判別できる詳細な映像表示します。
【高解像度】850-260khzを発信できるCHIRP回路では、映りにくい小魚を確実に映像表示します。しらすや小さなイワシ等のベイトフィッシュが映るのでサビキノマセやジギングに有利です。
【高出力で明確な画像】左 中央 右の3ビーム発射3ビーム受信のサイドビューはGARMINだけの送受信構成です。GT51で500wx3=1500wCHIRP発信で、強い反射を得ます。強い反射は増幅率を抑えられるので明確でノイズが少ない画像を得られます。
【高速解析】海ではサイドビューは使えない、波が出たら使えないという俗説を打破するべく採用した高速解析エンジンと高出力回路。150mを超える水深で波やうねりがあってもGARMINサイドビューは使えます。

Quickdraw™ Conturs自動等深線作成機能/水深500m以上でも30cm間隔等深線図を瞬間作成

無料で簡単にお使い頂けるQuickdraw™ Conturs自動等深線作成機能は、独自の高精細マップを、1f(t 30cm)間隔の等深線付きで瞬時に作成します。トレーニングは不要。釣りに集中しているだけで地図は作成されて行きます。あなた独自のマップですので、好きなように加工して下さい。データを保存したり、Garminユーザーの友人と共有するのも自由です。

未知のポイントを発見

スクリーンにはリアルタイムで作成された地図が瞬時に映しだされます。そこが過去に詳細図が作られたことの無いエリアなら大発見もありえます。

超ディープを詳細探査

任意水深のハイライト表示が設定可能です。水深500mを超える水深の30cmの凸凹が図化できるのでアコウダイやベニアコウの巣窟を図化できます。

クリアな全体図

緑色の影になった部分は地図が作成されたエリア、白抜きの部分は未作成エリアを示します。

地図の拡張 修正

航行を重ねることで、以前作成したマップを更に拡張 修正していくことが可能です。

位置のマークアップ

“Add Quickdraw Label (クイックドローラベルの追加)”機能で、スタンプやロケーションを追加できます。

位置情報の共有

ユーザーが作成したポイントは地図上に残り、友人と共有したり、自分用にキープしておくことができます。

• 無料で簡単にお使い頂けるQuickdraw等深線機能は、独自の高精細等高線図(30cm間隔)をどこでも瞬時に作成します。トレーニングは不要です。釣りに集中しているだけで地図は自動作成されます。
• ソフトウェアはどこを航行してきたかをクリアに表示します。利用可能な深度情報を伴う地図を、既に作成したエリアと、まだ埋めなければならないエリアを簡単に色分けできます。
• Quickdraw等高線図は、既に存在する地図上に詳細海底地形図を追加したり、既存地図が無い場合は新たに海底地形図を作成します。
• 日本正規輸入AQUAMAP/echoMAP/GPSMAPシリーズで使用可能です。(フリーソフトウェアアップデートが必要な場合もあります)
• 地図はあなたのものです - 自分用にデータを保存したり、Garminユーザーの友人と共有するのも自由です。
• 作成した地図はPCや2SDスロット機器でコピーできます。
• SD™ または microSD™ の利用が可能です。NEWPEC for garmin上でも使用/保存できます。