ガーミン魚探をご検討のお客様から

お問い合わせの多い振動子の性能についてご紹介いたします。

 

ガーミン製魚探にクイックドローから注目されているお客様が多いですが

使ってみて驚くのは基本機能と振動子の性能です。

ガーミンは振動子も自社開発しています。

1つの振動子で4周波+サイドイメージ+水温センサー内蔵です

GPSMAP7シリーズでは

50khz+200khz +260khz +サイドイメージを同時に4画面に表示も可能です。

 

琵琶湖お勧めのトランサム振動子GT41

 

スクリーンショット 2017-04-07 12.29.01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水深が変わっても自動で感度を調節してくれます。

知らない間に感度調節していて 見え方が常に一定!!!

他社ではマニュアルにして調節していましたが

ガーミンは感度調節したことがありません。

⬇︎GT41のクリアビュー〔他社ではダウンビュー〕で見たウィードと浮いているギル

この260khzのクリアビューは他社のダウンビューよりワイドビームで発射しているため

エレキでの移動など、かなり遅いスピードでも湖底の形状を把握できます

500wのハイパワーでウィードを貫通しますのでクイックドローも正確に描けます

湖底とウィードの変化が鮮明です。

慣れれば硬さの違うカナダ藻がわかります。

 

IMG_0459

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⬇︎普通は映らない氷魚もCHIRP 振動子ならこの通り強い反応でとらえています。

IMG_0446

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⬇︎サイドビューでとらえた籠型の漁礁

IMG_2207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.fl-pro.com/garmin/

ガーミン魚探正規代理店

株式会社フロントラインプロダクション